糖尿病腎症のための宅配弁当

糖質制限、塩分、油分も注意したい糖尿病

食事の管理

糖尿病の食事で気をつけることは、糖質の制限です。その他にも塩分や脂分の摂取も気をつける必要があります。
糖尿病の食事で食べてはいけないものはないです。ですが、控えなくてはいけない食べ物はいろいろあります。

 

糖を含んでいる、お菓子やジュースは砂糖を多く含んでいるので控えなければなりません。
そして、ご飯やパン、麺などの炭水化物も糖分なので控える必要があります。糖分を摂取すると、血糖値が上がってしまうため控えなければなりませんが、決められた量を守れば食べても大丈夫です。
しかし、炭水化物を減らしてしまうとエネルギーが不足するため注意が必要です。

 

その他にも揚げ物や肉類などの脂身の多いものやインスタント食品など控えなければなりません。
高血圧や肥満など合併症を防ぐために大切なことなのであまり食べないようにします。

 

糖尿病の食事は様々な制限があり、ストレスが溜まってしまうかもしれませんがバランスよく工夫して食べることが重要になります。
食事を工夫することで満足した食事を取ることができるので、マイナスに考えずに楽しんで食事すると良いです。

 

糖尿病でインスリンの投与やブドウ糖の摂取をやっている場合は、食事での制限をすると低血糖を引き起こしてしまうこともあるので、注意が必要です。
意識障害など命に関わるので十分注意します。
なので、極端な食事制限はしないように気を使うことが重要になります。食事制限でのストレスも糖尿病にとっては良くないことなので、ストレスを溜めないことも大事になります。